音と動きでたのしめる!
「カルピス」オリジナル絵本

子どもたちのすこやかな成長を願い、出版社と協力し、1年に1冊、絵本を発行しています。こちらでは2009年発行絵本のダイジェスト版がご覧いただけます。ぜひ、お子さまに読み聞かせしてあげてください。

「カルピス」ひなまつりプレゼントの取り組み

「カルピス」ひなまつりプレゼントの取り組み

子どもたちの笑顔のそばに「カルピス」がありますように…

“「カルピス」ひなまつりプレゼント”は1963年から始まり、今年で54年目を迎えました。
これは、「カルピス」の生みの親、三島海雲が、子どもたちの心身のすこやかな成長を願い、「白酒に似た色の「カルピス」で乾杯し、楽しいひなまつりを過ごしてほしい」という思いから始めたものです。

カルピス絵本について

 「カルピス」の生みの親、三島海雲は文化や芸術に関心が高く、次代を担う子どもたちにも文化の芽を培ってもらおうと、童画や童謡のコンクールを催したり、子どもたちに楽しいひなまつりをすごしてほしいと“「カルピス」ひなまつりプレゼント”などの文化イベントを立ち上げました。
このように子どもたちの心とからだのすこやかな成長と幸福を願う三島海雲の思いを今に受け継いでいるのが「カルピス絵本」です。
「カルピス絵本」シリーズは、1982年から(株)メイトや出版社と協力し毎年1冊絵本を発行しており、2017年までに35作品を発行してきました。

カルピス(R)ミュージアムに、音と動きで楽しめる、その他の絵本も掲載中!